Paradox Kennel 繁殖・訓育・訓練

アクセスカウンタ

zoom RSS 放鳥ウズラとダミーを使った愛犬エリーの訓練風景!

<<   作成日時 : 2008/02/22 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝は単独で放鳥ウズラを使っての訓練とダミーを使ってバッキングの訓練を行い!その一部始終をデジタルカメラに三脚を取り付けて撮影しながらのハンドリングである。
ビデオの雑音は三脚に草などが当っての雑音であります。
画像

まず用意するものは上記写真の通りウズラ4羽・バードバッグ・ダミー(裏表(白リバー・白黒)使用可能)と放鳥機に軍手を用意する。
画像

ウズラは適当に3羽放鳥します。
このフィールドは!すぐ横を2車線の高知空港へ通じる道路がある為にハンドルに乗らないで道を走ったりする癖のある犬は危なくて絶対に放犬出来ません。
画像

上の写真はダミーを前から見た写真です。
後ろの放鳥機にはウズラが1羽入っています。
今回は白黒のダミーを使う事にしました。
当然犬は前から来るのでウズラの臭いが入らないように風下に設置します。
画像

上記の写真はダミーの設置を後から見たところです。
放鳥器の動作でダミーのツッカイ棒を引っ張ってダミーが倒れる仕組みです。

放鳥ウズラで訓練する場合は必ずチェックコードを使用するのが必須です。
放鳥ウズラは鳩と違って飛翔力が弱い為にリマーク(追いかけて)銜えたり色んな悪癖が考えられます。
今朝は風が弱く悪条件でしたが何とか格好がつきました。

僕の訓練で最大の自慢は・・・愛犬エリーは電気仕掛けのように嬉々としてスイッチON・・・もう着臭かバッキング以外には止まりません・・・この状態で如何にも嬉しそうな表現で仕事をするように訓練します。
さて如何でしょう!この撮影で3カ所故意に間違いの訓練をやってみました。
おわかりでしょうか・・・・・?
正解は・・・着臭した瞬間にホイッスルを2カ所で吹いています。
あと一つはチェックコードで飛翔したウズラを見送らせた後に手前に引き寄せています。
これはチェックコードを軽く張って軽くたぐり寄せるようにして犬に近づくのが正解です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放鳥ウズラとダミーを使った愛犬エリーの訓練風景! Paradox Kennel 繁殖・訓育・訓練/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる